仕事ができないんじゃない!どう取組むかの方法が分からないだけ!

業務プロセスは教わっても「仕事の取り組み方は教わらない」


上司や先輩に、いろいろと指摘されても、もうどこにどう進めばいいかわからない状態になってしまっていて、右に行っても怒られる、左に行っても怒られる、立ち止まっていても怒られる、そんな状態でツラくてたまらない…。

 

もし今、仕事ができないと、悩んで悩んでツラくなってしまっている人は、実はそんなに悩むことではないかもしれません。仕事ができないのではなく、「どうやって取組めばいいのか」その方法を知らないだけかもしれません。

 


上司や先輩に、

■臨機応変に。
■何が必要か見極めて。
■優先順位を考えて。

 

そう言われても、説明されても、具体例を挙げられても、わからない…。それはなぜか?

■その仕事のゴール(全貌)が見えないから。
■そのなかでの自分の段階がわからないから。

 

それだけなのですが、それが全てでもあります。意外にも、その全てのことを、会社で業務プロセスを教えてくれる人はいても、「仕事の取り組み方」を教えてくれる人はいません。

 

仕事ができなかったとき、具体的にその物事をどう見ればいいのか、そこから逆算して何をすればいいのか、そしてそれをどう順序立てたらいいのか、そこをあなたの状況に合わせ、あなたの理解の仕方に寄り添い、しかもわかった部分とわからない部分を整理しながら、あなたに仕事を教えてくれる人というのは、本当にごく限られた数の人しかいないからだと思います。

 

できる先輩も上司も、自分は仕事ができても、「それをその人の状況や特性に合わせて教える」というのは、別物のスキルだからです。

 

だから、あなたはできないんじゃないんじゃないです。ただやり方を知らないだけ。仕事とはどう進めていくものなのかの考え方を教わってないだけなのです。

 

こう言うと、40代以降の人生の先輩方からは「自分たちは先輩の背中を見て学んだ」「仕事は習うものではなく、真似して自分で技を盗むもの」などという言葉が聞こえてきそうです。。。

 

確かに現在であってもそういった考え方も1つですが、しかしながら、それはよっぽどの意思をもって突き進みたいと覚悟をもって仕事に向き合っている人に限られると思います。

 

今は「叱って伸ばす時代」から「褒めて伸ばす時代」へ変化したと思っていますので、どうかその辺はご了承頂ければと思います。

 

そうでないと、お互いの思いの違いにより益々お互いの悲劇が増えていってしまうと思うからです。

自信をもってビジネスマインドと実務の習得を!


前述の通り、たいていの場合、どうすれば「できる」ということなのか、その完成形を知らないだけなので、そこを知ってしまえば、個人差はあっても、やる気さえあれば、ある程度は仕事はできるようになると思っています。

 

そのコツを、このブログでご紹介しています。

 

まずは、仕事ができるために必要な「ビジネスマインド」から先にご覧頂き、その「ビジネスマインド」は、どんな考え方で仕事に向き合うと良い方向に事が進むのかをご説明しています。

 

そして、そのマインドが備わった後に「実務編」もご用意しておりますので、実務編で実質的な業務部分をご覧頂き参考にして頂けると「仕事の取り組み方」をご理解頂けるかと思います。