謝っても許してくれないときは相手がイラつくことをしてる

謝っても許してくれないときはそれなりの原因がある!?


謝っているのに「なぜか許したくなくない」とか「なんかムカつく」と思われてしまうのは、ズバリ相手がイラつくことをしてしまっている…と思います。

仕事のトリセツ

目次 1 解決法は、物理的に距離を置く、感情を手放すこと1.1 一緒にいて嫌な気持ちになる人の特徴と対策2 人は「いつも…

私が日常生活で感じた「謝罪してるのに違和感のある人」がやってしまってるコトを以下に例を挙げて紹介したいと思います。「謝ったけど全然許してくれない」と言ってる人に限って、よく聞いていると「そりゃ許してもらえないだろうね」と思ってしまうことが多いです…。謝っているのに相手が許してくれない、という人は以下の例をぜひチェックしてみてください。

①言い方がキツイ、言い方が上から目線


謝罪をしているはずなのに言い方がキツ過ぎて「この人の言うことは聞きたくない」と思ってしまう。謝罪さえすればどんな言い方でも良いのかというとそうではない。言い方で嫌われたり拒否されると、全く気持ちが伝わってこなくなるから残念。

②服装などの見た目が合ってない


結果さえ出せばいんでしょ?と思ってるタイプの人は特にココの勘違いが多い。例えば、謝罪に行くのに、派手なシャツやダメージジーンズ、寝癖のような髪型で出向く。「謝ったから良いでしょ」とばかりに。でも謝られた方は「それなら来るな」となる。相手が不快にならない服装は重要。見た目じゃないと言うけど、やっぱり見た目も大切。

③表情と言葉が合ってない


謝っているときや不幸なことがあったときに微笑んでいたり、笑ったりする。恥ずかしさや張りつめた場面に慣れていないことで笑ってしまったのかもしれないけど、言葉と表情が合ってないと苛立ちさえ覚える。

④態度や行動が合ってない


「申し訳ない」と言いながら、手を組んだまま、足をどちらかに重心をのせたまま、座ったまま、何かしながら…のついでのように謝罪を言う、こういった態度は全く誠意が伝わらない。そうなると、謝っていることが完全に疑わしくなる。

⑤謝罪のタイミングが合ってない


例えば、何かコトが起きて半年経ってからの謝罪。これは遅すぎて「コトが冷めるのを待っていた」とか「何か隠蔽した」など、卑怯な印象が拭えない。ズルい人だなーと感じてしまう。

⑥謝罪はこれぐらいでいいと自分で勝手な見切りをつけている

これは結構な確率で多い。自分としては十分に謝ったように思っていたのに、相手はまだ許せておらず、そこに温度さがあるとき。こっちはもう謝罪は十分やったと思ってコトが終わっているのに、相手の中では終わっておらず許していない。そのときに和解への解釈の違いが生まれている。なので、謝罪とは「相手の心に寄り添い続け、相手の苛立った心を平穏に戻す」ってことを根本的に忘れてはいけないってこと。謝るほうも相当なエネルギーと時間がいるから大変だし複雑。

⑦正論を押し付けてくる

ただ「ごめんなさい」の一言で良かったのに、自分を正当化したいからと正論を言うと、空気が読めない人だなーとなる。たとえ言い分があるときでも、ひとまずはグッと押さえたほうが、その場がまるくおさまるときがある。正義が人間関係に波風を立てたり、人を傷つけたりすることもあるってこと、忘れずにいたいものです。

 

最後に。
最近で言うと、ある男性アナウンサーの謝罪シーンにすごい嫌悪感を感じました。なんでこの人がこんなに腹正しく思うんだろう?と考えた結果わかったコト、それは「表情と言葉が合ってない」というコト。人の不幸に関わる内容で謝っているはずのに表情が微笑んでいるように見える。テロップの誤字を謝っているのに笑っているように見える。これがすごく不快なんだなと。そうすると、一気に許したくなくなり「嫌い」という感情が沸き上がる。こうなると、許されるどころか、完全拒否になってしまいます。謝るときの言動は細心の注意が必要なんだなーと改めて思いました。

仕事のトリセツ

目次 1 信頼されない人は「あきらめのシャッター」を早い段階で下ろしている1.1 究極、真に信頼される人とは? 信頼され…