あなたが譲れないこと程、人を許せなくなる=ストレスになる!?

許せないという気持ちが生むのは「ストレス」

 

許せない。
嫌い。
むかつく。
イライラする。

仕事をしていても、プライベートでも、そんな感情にさせられる人っています。
その人が理解できないし、一緒にいたくもない。
でも、何かしらその人とは絡まなければいけない。

そんなときってストレスでしかないですよね。。。

でも、そのストレスを感じないように、もしくは感じたとしても、少しでも気にならないようになりたいものです。

こんな感情の時に、解説なんかされても気持ちは晴れない、と思われてしまいそうですが、意外にも、私の場合は、なにげなく見た言葉ひとつに気持ちが救われることがあります。

許せないという感情が生まれる原因を知ることで楽になる!?

 

許せない感情が生まれる原因は大きくわけて2つあるのではないかと思っています。

それは…
1. 壊されると思うことからくる防御反応
2. 羨ましさからくる妬み

 

まずは、1. 壊されると思うことからくる防御反応。

これは例えば、
・あなたが何より大切にしてきたこと、こだわってきたこと。
・こんな風に思われたい、あんな風に見られたい、そんな自分の在りたい理想像。
・○○すべきという、自分が思うあるべきやり方。

それらを必死で実現しようと思って頑張ってきたのに、守ってもきたのに、それを壊す相手が出てきたとき、人は苛立ちを覚えます。それはそうですよね。その自分でいるために必死で闘ってきたのですから、それを壊されないようにそれこそ必死に守ろうとします。

その防御反応が「相手への攻撃=嫌う、責める、恨む」となるのです。
人は、認められたいという思いの強さから、自分が守ってきたものが壊されるという恐怖を感じてしまうのです。違う角度から言えば、そこを認められなければ存在意義がなくなってしまうから攻撃してしまうのかもしれません。

でも、ここを冷静にお互いの思いを整理し、「自分はそう思っているけど、この人は違うんだな~」と思うだけだと、そこに攻撃は生まれません。攻撃が生まれずに済むと余計なストレスを抱えることも少なくなります。

次に、2. 羨ましさからくる妬み。

これは、至る所に生まれる感情かもしれません。

例えば、
自分より仕事ができる人。
自分よりお金を持っている人。
自分よりカッコイイ、かわいい人。
自分よりモテる人。
自分より幸せそうな人。など

自分より何か多くを持っている人に、人は嫉妬しがちです。
なので、すぐに「あの人感じ悪い」とか、ちゃんと振る舞っていてもそれを「ただの計算で打算的な人」だとか言いがちです。

でもそれは、全て自分もそうでありたいという「羨ましさ」からの嫉妬です。
この嫉妬が自分で理解して嫉妬しているときには解決の糸口がありますが、自分が気づいていないときが厄介だな~と思います。

なぜ厄介かって???

それは、今、あなたが誰かに対して「許せない。嫌い。イライラする。ムカつく。」と感じているなら、その原因がまさしく嫉妬からきているものなのに、それに気づかず、その人のせいにしてしまっているからです。

そこに気づかずにいると、ずっとイライラな自分のままになってしまいます。ストレスフリーな自分でいるには、その嫉妬を「そんな気持ちがあるかもしれない」と認めて、「人は人なんだな~」とその嫉妬を手放すことだと思っています。