起業で失敗が怖い人が前に進めるようになる、お勧め本のご紹介

【おすすめ!3冊の書籍ご紹介】起業がコワくて前に進めない人に


起業を考えてはいるけど、なかなか前に進めない。
進めないのはその人なりの理由があります。そこで、今回は以下の3冊の本のご紹介です。

起業のハードルを低く感じさせてくれる本「起業1年目の教科書」

自分には起業はムリだった、そう思う前に、起業の捉え方自体が間違っているのかもしれません。起業を大きなものと捉えすぎていると、目の前の小さな一歩を見落としがちです。いま起業がコワくなってしまっている人はぜひ!

失敗がコワい、リスクがコワい人に勢いを与えてくれる本「ビビりの起業法」

借金1000万から年収2億になった著者がウィットにとんだワードでおもしろおかしく、でも着実に、いつの間にか不安を取り除いてくれます。商売をすることがコワくなっている人はぜひ!

起業ネタに困っているとき発想を柔軟にしてくれる本「一万円起業」

 会社を辞めなくても始められて、資金は1万円、そこにほんの少しの工夫。そのほんの少しの工夫の考え方を教えてくれるので、結果、起業ネタを考えているとき助けになります。自分に何ができるか迷っているときにぜひ!

 

コワくて進めい気持ち、すんごくわかります。わたしも何度も会社を辞めて起業しようと挑戦してみたけど、結果、リスクや恐怖を考えてできなくなってしまってました。「まだタイミングが」とか「それほどやりたいことはなかったかも」とか「仕事が忙しくなったから落ち着いてから」とか。わたしもそんなことを言い続けて、結果なんの成果も出ずに10年経ちました。失笑

そんなとき、今回ご紹介した本たちに出会って救われました。

起業は大きく考えてしまいがちですが、どんな大成をした人にも最初の1歩が必ずある。その1歩1歩の歩みを止めなかったから大きな壁を乗り越え、それが実績になった。怖がっている人ほど、起業を大きなものと考えすぎている傾向にあるから、そこの捉え方から変えてみる。自分のなかにある恐怖心を和らげ、小さな1歩を踏み出せるようになる。今日から、今から、その小さな一歩を踏み出せるようになりますように☆